きものりふれ商品案内

No216 つづれ織帯

№216  10--13-1912
極細糸で織り上げ軽く締め易い。「かたい」「締めにくい」というイメージだった綴れ織を、 極細糸を用いて織ることにより「しなやか」で「軽い」「締めやすい」さらにはそれによって二重太鼓の袋帯として完成させた、正装用として最適の逸品です。ご存知の通り、想像を超えるほどに手間暇のかかる≪手織りの最高峰≫とも呼ばれる織物です。
数回着用品

№216  10-13-1912

販売価格¥50000
一覧に戻る
▲ページトップへ