きものりふれ商品案内

《051》吉村織物 綾羅袋帯

№151  10-10-1912
西陣286の吉村織物。創業140年余り、江戸時代末期、初代・利七が金沢より上洛、織物業に携わり、明治初年生家の屋号〝平野屋〟で帯地製造業を西陣で創業以来、時代を超えて常に心ときめく着姿の美しさを求めて古典を大切にしつつ独創的作品作りに励んできました。平野屋の作り手と織り手が一体となった。昔ながらのスタイルを今も継承している西陣でも数少ない織工房です。
未着用品

№151  10-10-1912

販売価格¥150,000
一覧に戻る
▲ページトップへ