きものりふれ商品案内

《135》相良刺繍 附下

№135 04-16-1808
中国三大刺繍の一つです。中国では漢の時代より見られ、日本でも奈良時代に仏像の羅髪((らほつ=巻き毛)の部分に使用されています。 相良刺繍は生地の裏から糸を抜き出して結び玉を作り、これを連ねて模様を描いていく技法です。非常に技術と時間を要する最高の技法とされています。
1~2回着用品

№135 04-16-1808
身丈4尺2寸   裄1尺7寸 袖巾8寸8分  肩巾8寸5分
袖丈1尺3寸   前巾6寸5分  後巾7寸5分

販売価格¥75,000
一覧に戻る
▲ページトップへ