きものりふれ商品案内

《153》本場琉球絣

№153 04-16-1808
琉球かすりの大きな特徴は、およそ600種という多彩な図柄。これら爽やかな
涼感をさそう幾何学模様の図柄は、琉球王府時代から伝わる「御絵図帳」をもとに、職人たちが現代の感覚を取り入れて、手括りで締め上げていくという大変手間のかかる方法で、独特の絣模様をつくります。織は、緯糸を経糸の間に投げ込んでおっていく昔ながらの技法で、1日せいぜい1~2メートルぐらい
ずつ丹念に織り上げていきます。「宮城眞正作」
未着用品

№153 04-16-1808
身丈4尺3寸5分 裄1尺7寸5分 袖巾9寸  肩巾8寸5分
袖丈1尺3寸  前巾6寸8分  後巾8寸

販売価格¥200,000
一覧に戻る
▲ページトップへ